尼崎競艇へ 認知症のお客様と。


JUGEMテーマ:旅行

 

 

尼崎競艇へ 認知症のお客様と。

 

バリアフリー旅行 しゃらく 小倉譲

 

認知症のお客様と尼崎競艇へ足を運んできました。

 

私は賭け事を一切しない人。

だから不安でした。

お金のかけ方も、記入の仕方も知らないから。

※事前に少し勉強しましたが…。

 

何よりも、お客様自身が楽しんでいただけるのか…。

 

到着後、早速有料スペースへ。

 

バリアフリー旅行 しゃらく 小倉譲

 

めっちゃ広い。

ちょうど中心の席ですが、長さ200m以上はあるのかな…。

 

しかも机の上にはパソコンが。

 

バリアフリー旅行 しゃらく 小倉譲

 

なんやら様々な情報が…。

正直に、選手の体重以外は何もわからない…。

 

「さ〜どうしましょう!」っとお客様にお伝えすると、

ただひたすら紙を見つめて黙っている…。

 

1分経過

2分経過

5分経過

≪音楽が鳴りだし購入には後数分であるアナウンスが上がれる≫

 

1-〇! 

 

っと大きな声で。1−〇?????

 

っと紙に書き込みたいのだが、単や連やよくわからないけど

指をさしながら指示をしていただける。

 

この時はお客様の病気がまるで逃げて行っているようでした。

 

好きなことだから頑張れる。

好きなことだから楽しめいる。

これぞ、旅行の醍醐味です。

 

結果的に、1度も勝てることもなく、帰宅することになりましたが、

十分すぎるほど楽しんでいただけました。

 

 

しかし、この有料ボックス席以外はなんともいえない雰囲気。

 

しゃらく 介護付き旅行 しゃらく

 

熱気というか、

なんというか…、

プライベートで足を運ぶには勇気がいるかな〜。

 

小倉譲 拝


NPO法人しゃらくのホームページはこちらへ!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://tabikokoro.com/trackback/787
プロフィール
  • 小倉譲写真
Twitter
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
新着トラックバック
月別アーカイブ
関連リンク
携帯サイト
  • qrcode
管理者